海外から始まったダイエット

著者:fifty

海外から始まったダイエット

私は高2の頃、親の都合でニュージーランドに3年半住んでいました。

太り始めたのは、ニュージーランドに住み始めた頃からでした。
太り始めた原因は、スーパーのパンコーナーにあった日本にはない大きなチョコパンからでした。
その頃は、間食として一個、夕飯後に一個食べていました。
現地の高校に通い始め、新しい友達も出来始め、
学校終わりに毎日6個入りのドーナツとスムージーを食べたり飲んだりしていました。
そのせいもあり、元ある体重から6kg太ってしまい。

ダイエットを考えた始めた時期もそんな食べ過ぎていた頃でした。

家で Hip Hop ABS とカーヴィーダンスを毎日学校が始まる前と休みの日にしていました。

運動を始めたばかりのわたしは、体重が減り始めても
食べたい欲求があり 、学校がある日は、登校をするたびに大きなカップケーキを食べていました。

そのせいで、私は太りたくない思いが頭をよぎって
学校帰りに猛ダッシュして家に帰り、夜は食べない日があり、拒食症になりかけたりもしました。

三年半が経ち、大学受験のために日本に戻ってからもダイエットを続けています。

ダイエット本を買いあさり、カロリーを気にし始め
ダイエット本に書いてあるダイエット方法、ストレッチなどを続けています。

その成果もあり、今は、43kg代を保っています。

マジックレッグスタイリスト着圧レギンスの通販申し込み

著者について

fifty administrator